プロ御用達の画像作成ソフト

フォトショやイラレ以外でお勧めの商品

ここまで紹介してきた画像編集ソフトは、非常に有名ドコロとなっている。ウェブアートデザイナーに関してはやや微妙なところだが、知る人ぞ知ると言ったところか。例えこのソフトを除いても、フォトショとイラレを知らない人というのは、パソコンをそもそも普段から使わない人くらいなものだ。業界に携わっている人ならば知っていなくてはならない事といっても、人によっては使いづらいと嘆く声もあるかもしれません。ではそういう人たちはどんな画像編集ソフトを利用しているのか、少しだけ気になるところだ。

世界には画像編集ソフトというものも種類がゴマンと存在している。無料のものもあれば、有料のものもあります。どれが良いか、という点は実際に使ってみないことにはなんとも言えないためここでどうという点を断言するつもりはない。その点を意識してもかなりのソフトが存在している。

中には実際にプロとして活躍している人がこれはお勧めだというものもあるので、そんなプロ顔負けのデザインを制作することも出来る編集ソフトを紹介しよう。

使いやすいPCソフト

こんなにある画像編集ソフト

webflow

完全無料ではないが、有料でもかなり評判がいいものとして『webflow』というソフトが挙げられます。こちらはウェブデザインについては自身はあるものの、プログラミングについては若干不安の残る人に最適なソフトとなっています。作成したデザインをファイル出力することでwebデザインすることができるのが強みとなっています。全てのプログラミングを担当してくれるわけではありませんが、必要最低限のレベルで行うプログラミングはソフトが自動入力してくれるので、非常に大助かりとなります。

Adobe Edge Reflow CC

フォトショやイラレを提供しているAdobe社が提供する無償ツールである『Adobe Edge Reflow CC』もかなりいいと言われている。webデザインをする際に、デザインをGoogle Chromeと連携することでプレビュー画面を出すことも出来るため、すぐに修正点などをあぶり出す事が出来る。

こちらのソフトは無料で使用できるので、使わない手はない。

Sketch 3

完全有料となっているのであまり安くはありませんが、こちらのソフトもまた需要を伸ばしていると言われている。そのソフトとは『Sketch3』と呼ばれるもので、ここ数年で利用者を増やし続けているとまで言われているほどだ。ウェブデザイン制作などにも特化していて、海外の有名なデザイナーも愛用していると言われています。日本ではそれほど需要は高くないものの、海外市場においてこちらのSketchを使っていないなんておかしいと言われてしまうかもしれません。

Google Web Designer

こちらもGoogleが提供しているソフトで、無料で使用できる『Google Web Designer』というものがある。これは各種グラフィックツールとタイムラインをアニメーションで作成すると、プラットフォーム問わずして自動的にHTML5・CSS3・JavaScriptなどに出力してくれるというのだ。便利なソフトは、さらに読めないコードを自動生成すると一方通行ブラックボックスとしてではなく、コードエディタ側にも機能が揃っているのも利点となっている。

ウェブデザイナーになりたい方へ

お化粧は好きでもただするだけではなく、したからこそ丁寧に仕立ててくれるエクスボーテ 仕上がりは、ナチュラルメイクを彷彿とさせる真の美を追求しています。 厚塗りしたくない人にオススメの商品です。

デザインツールの幅広さ

画像編集したものを実際にウェブサイトで用いる際には、そのまま当てはめれば利用できるといった簡単なものではありません。編集した画像はその後、然るべき対処をした後に当てはめなければならない。ここで紹介したデザインツールというものは、それをいかに効率よく利用できるよう運用してくれるかがポイントとなっています。

ここまでの作業をウェブデザイナーがするのかと疑問に思う人もいる、かもしれません。こちらも最早一般常識レベルで知れ渡っていると思いますが、ただデザインをしてお終い、ということはないのだ。デザインしたものがちゃんとサイトで稼働するか、不具合や修正作業が必要かなどを確認しなければなりません。デザイナーだからって完成させたら後はやることはない、といえるほど楽な仕事ではないのです。

メニュー